日本初⁈の新商品フリーズドライのカリフラワーライスを管理栄養士が食べてみた

日本初⁈の新商品フリーズドライのカリフラワーライスを管理栄養士が食べてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
Viberで送る
最終更新日:2021.07.06 公開日:2021.04.02

あのカリフラワーライスにフリーズドライが新登場!これまでは冷凍食品でしたが、ドライになるとどうなるのでしょう?気になる味や使い方、栄養素などを管理栄養士の私がリポート!日本初らしいのでドキドキです。

目次

ドライカリフラワーライスが届いた

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

日本で初めて開発されたと噂の「フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス」が届きました。

びっくりするほど軽いです!!!

思わず重さを量ってみると…

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

段ボールを合わせても560gとペットボトル1本分程度、1袋だと60gでした。

1箱6袋入りで段ボールの大きさは32cm×15cm×13cm、女性でも片手で軽々と持つことができます。

ひとつひとつの袋は薄くかさばりにくいので、ちょっとした隙間に収納ができます。パッケージはチャック付きのアルミ製袋なので、湿気対策にも配慮がされているのもうれしいポイント。常温で保存できるので保管場所を選ばないのがよいですね。

見た目は?味は?

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

フリーズドライのカリフラワーライスって、どんな感じなんでしょう?恐らく日本で初めて開発したのではないかと聞いたので、もちろん私にとっても初ものです!早速、中身をだしてみると…

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

見た目は粒が細かく、野菜というよりもお菓子のようです。1粒当たりの大きさは1mm~2mm程度で細かく、あられや砂糖菓子にも見えます。

とっても軽いので、扇風機や窓などの近くで風が当たる場所で開封するのは避けたほうがよさそうです。

まずはドライのまま食べてみました。口に入れるとサクサクと軽い食感で、ちょっと香ばしい風味があります。噛んでいるうちにカリフラワーの甘みを感じてきて、口の中の水分で少し膨らみます。冷凍とは違う美味しさがあって、お菓子感覚で楽しいです。

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

次に熱湯で戻してみました。1食分12gに150㎖のお湯を注いでかき混ぜて、2~3分経つと水分がみえなくなります。すると先ほどまでフリーズドライだったとは思えないほど、みずみずしいカリフラワーライスになりました。見た目はやや緑色をしていますが、お茶碗に入れるとご飯にそっくりです。

味は、楽天ファームの冷凍カリフラワーライスと似ていて、ほんのりカリフラワーの風味を感じますが、クセがないので食べやすいと思います。白米のように食べてもよいですし、淡白な味わいなので料理のアレンジにも活用できそうです。

栄養素は?

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

糖質制限ダイエットに人気で食物繊維もあるのが魅力のカリフラワーライスですが、フリーズドライになっても栄養はあるのでしょうか?

1食分を乾燥の状態で12g、熱湯150mlを注いで、戻すと162gとしてみてみましょう。

<フリーズドライのカリフラワーライス1食12gの栄養価>
・エネルギー:48kcal
・たんぱく質2.3g
・脂質:0.9g
・炭水化物:7.5g
・食物繊維:4.7g
・糖質:2.8g

1食分162gは食べ応えがありますが、たったの48kcalです。そして栄養価もしっかりあり、不足しがちな食物繊維を補給するためにもぴったりだと思います。フリーズドライ製法は熱をかけずに乾燥しているためなのか、風味・味・香り、そして栄養素も残っているようです。

水で戻したらどうなる?

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

あったかご飯の代わりにするには熱湯のほうがいいですが、1食12gと軽いので、持ち運びしやすく、ハイキングに持っていたり会社のランチで活用したりといろいろなシーンで使えると思いました。そこで火を使えない場所でも、水で戻せるかを検証してみました。

カリフラワーライス大さじ3(3g)に水40 ml入れ水に入れること3分。やや食感は固く歯ごたえが残りますが、水でも戻しても美味しく食べられます。

さらに10分おいてみると、少しやわらかくなりますが、熱湯で戻した時ほどのやわらかさにはなりません。個人的には、お湯があればやはり熱湯で戻す方がおすすめです。

ただお湯であっても、お水であっても、時間が経っても食感が残るので、カップラーメンのように早く食べなければ伸びてしまうようなことはないと思います。

ボリューム満点「豆乳スープリゾット」レシピ

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

フリーズドライカリフラワーライスを使ったレシピ「カリフラワーライスの豆乳スープリゾット」をご紹介します。野菜をたっぷり使った豆乳スープにカリフラワーライスを入れてボリューム満点です。

<材料(1人分)>
・フリーズドライのカリフラワーライス 12g(1食分)
・ソーセージ 3本
・玉ねぎ 1/4個
・ブロッコリー 3房
・かぼちゃ 30g
・にんじん 1/5本
・水 100ml
(A)豆乳 100ml
(A)みそ 大さじ1/2
(A)コンソメ 小さじ1
・黒こしょう 適宜

 <料理手順>
1)ソーセージは斜めに2等分にする。玉ねぎ、かぼちゃ、にんじんは1.5cm角に切る。ブロッコリーは小房に分ける。
2)鍋にオリーブオイルを入れて中火にしてソーセージ、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじんを炒める。
3)油が回ったら水を加える。沸騰したら蓋をして5分煮る。
4)火が通ったらカリフラワーライス、ブロッコリー、(A)を加えて弱火~中火でブロッコリーが柔らかくなるまで煮る。
5)器に盛り付け、お好みで黒こしょうをふる。

☆ビーガン・ベジタリアンレシピは?
ソーセージを厚揚げに代えて楽しむことができます。また最近注目を集めている大豆ミートで代用するのもおすすめです。

☆このレシピの栄養素は?
カリフラワーライス以外の栄養価は一人分あたり493kcal、糖質22.1g、食物繊維10.3gです。
全量を白米で作ると697kcal、糖質72.7g、食物繊維7.9gですが、カリフラワーライスで作るとエネルギーは29%カット、糖質は70%カット、食物繊維1.3倍になります。
カリフラワ―ライスにすることで、糖質オフだけでなく、不足しがちな食物繊維を多く摂ることができます。
(参照:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」)

フリーズドライ100%オーガニックカリフラワ―ライス

またこのレシピは、ドライカリフラワーライスを入れずに「豆乳スープ」にすることで、カリフラワーライスをご飯のように別添えにしても美味しく召し上がれます。

 他のアレンジとして、ドライカリフラワーライスをハンバーグや肉団子などに混ぜて、かさましをするなど使い方は盛りだくさん!ヘルシーメニューにいろいろ活躍してくれそうです。

今回ご紹介した楽天のファームの「100%オーガニックドライカリフラワーライス」はネット通販で簡単に注文できて自宅に届くので、買い物にいく手間が省けるので忙しい方にもおすすめです。

次回は、冷凍とフリーズドライのカリフラワーライス食べ比べ結果をお伝えします。お楽しみに!

◎楽天ファームの「カリフラワーライス」は購入できます。
国産100%の有機カリフラワーを細かくカットしました。お米の代わりとしてチャーハンやカレー、ドリア、スープ、ハンバーグのたね、卵焼きの具など、使い方は色々。

日本初⁈の「ドライカリフラワーライス」の商品ラインナップはこちらからご覧ください。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :レシピ

ライター情報

  • Noumusubi
  • 中村りえ

    管理栄養士/米粉料理家。管理栄養士資格取得後、食品の企画・開発・営業、健康セミナーの企画・運営などに携わる。現在は健康・美容・栄養などの切り口で管理栄養士ならではのレシピ開発・コラム執筆を行う。日本の米文化を守りたいと米食レシピや米粉レシピを発信中。

楽天ラグリ公式SNS

ライターKikaがほぼ毎日更新中!
followuson
ページ上部に戻る