プロの料理家ならどう使い切る?「シンプルで万能!玉ねぎと塩麹のマリネ2種」時短10分レシピ

プロの料理家ならどう使い切る?「シンプルで万能!玉ねぎと塩麹のマリネ2種」時短10分レシピ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.11.22

Rakuten Ragri(ラグリ)の100%オーガニック野菜セット【Mサイズ】が届きました!プロは大量の野菜をどう使い切るか。今回は「玉ねぎと塩麹のマリネ2種」時短10分レシピを料理家が紹介します。

目次

玉ねぎを使ってレシピを考えてみる

玉ねぎのマリネは作り置きができ、そのまま食べるのはもちろん、カレーライスに添えたり、薄切りのお刺身に乗せてカルパッチョ風にしたり、生ハムやサーモンと和えたり、サンドイッチにハムと挟んで食べてもおいしい優秀な常備菜です!素材の旨味を引き出す魔法の調味料である塩麹(しおこうじ)を使えば、短時間で食べやすくておいしいマリネになります。今回は基本のマリネにひと味スパイスを足した「エスニックマリネ」と、レモンを米酢に変えた「和風マリネ」をご紹介します。

玉ねぎと塩麹のマリネの材料

2人分(所要時間:5~10分 寝かせる時間は除く)

<エスニックマリネ>
・レモン汁 大1
・グランマサラ 小1/4
・クミンシード 小1
・こしょう 適量
・パセリ 適量(飾り用)

<和風マリネ>
・米酢 大1
・鰹節 適量

玉ねぎと塩麹のマリネの作り方

Step1:玉ねぎを繊維に沿って縦にスライスする。パセリはみじん切りにしておく。

Step2:辛味の強い玉ねぎはさっと水につけて(5分ほど)辛味を取る。※新玉ねぎを使う場合は水につけなくてもOK

Step3:水気をよく切った玉ねぎと塩麹に「和風マリネ(写真左)」の場合は塩麹、米酢、オリーブオイルを入れて、「エスニックマリネ(写真右)」の場合はレモン汁、オリーブオイル、グランマサラ、クミンシードをボールに入れよくなじむように手で混ぜる。冷蔵庫で10分ほど寝かせたら完成です。

◆料理のポイント
お皿に盛りつけたら、「エスニックマリネ」はお好みでこしょうをふり、刻んだパセリを飾る。「和風マリネ」は鰹節を添えて。エスニックはレモンで爽やかに、和風は米酢で優しいマリネに仕上がります。

★完成
玉ねぎだけのシンプルなマリネですが、塩麹のおかげでとてもマイルドに、甘みも感じる食べやすいマリネになります。マリネは時間を置くほどに味がなじむので、1時間ぐらい寝かせるとさらに美味しくなります。彩りを加えたい場合は、一緒に赤や黄色のパプリカをスライスして混ぜると華やかになりますよ。

料理・撮影協力:海外ゲスト向けキッチンスタジオ「JJ Kitchen in Tokyo」

◆まとめ◆
残さないで使い切りたい!
料理家 高嶋純子さんの「10分時短レシピ」

・食卓をランクUP「バジルのガーリックバター

・箸が止まらない「山東菜と豚バラの炒め煮

・シンプルで万能「玉ねぎと塩麹のマリネ2種

◎今回のレシピで使った100%オーガニック野菜は購入できます
ラグリの100%オーガニック 野菜セット 7種類の野菜入り【Mサイズ】
有機JAS認証野菜を詰め合わせたオーガニック野菜のセットです。自然の恵みだけで育った野菜が持つ、野菜本来の自然な色、香り、食感、味を、毎日の食卓でお楽しみいただけます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :レシピ

ライター情報

  • Noumusubi
  • 高嶋純子

    料理家。昔から料理や食べることが大好き!デザイナーをしながら、海外ゲスト向けのキッチンスタジオ「JJ Kitchen in Tokyo」を運営。母親の家庭菜園(畑)の影響でベランダ菜園など、都会生活でも自然との繋がりを深める暮らしを実践。海外の人へ和食の伝統と発酵文化を伝えたい。