お米の代わりに食べるブロッコリーライスでチーズリゾットがヘルシーに!糖質制限の応援レシピ

お米の代わりに食べるブロッコリーライスでチーズリゾットがヘルシーに!糖質制限の応援レシピ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Viberで送る
最終更新日:2021.05.21 公開日:2021.04.23

楽天ファームの100%オーガニック「冷凍ブロッコリーライス」で、チーズを使っても低糖質なヘルシーリゾットを作りました。お米の代わりにベジライスを活用するレシピを料理研究家が紹介します。

目次

ブロッコリーライスとは?

ブロッコリーライスとは?

ブロッコリーライスは知っていますか?お米の代わりに食べられるので、糖質制限ダイエットに人気の冷凍食品です。ブロッコリーがそのままみじん切りになっていて、ご飯のようにチャーハンやカレー、ドリア、スープ、卵焼きの具など、いろいろな使い方ができるようです。

今回は、日頃カロリーが気になっていて、食べたいけれど手を出しにくそうなチーズリゾットを作ろうと思います。糖質制限ダイエットをがんばる方へ、お米の半分をブロッコリーに置き換えたリッチな応援メニューです。

ヘルシーチーズリゾットのレシピ

ヘルシーチーズリゾットのレシピ

<材料2人分(所要時間:30分)>
・無洗米  1/2カップ
・ブロッコリーライス  200g(1袋)※今回は茎のみだが、花蕾(からい)入りだと色鮮やかに!
・玉ねぎ  1/8個
・にんにく  1片
・ベーコン 3枚ほど
・イタリアンパセリ 適量
・ブイヨン 400ccほど(固形ブイヨン、鶏がらスープ、コンソメスープでもOK)
・生クリーム 60cc
・バター 10g
・パルメジャーノチーズ  適量(今回は30〜40gぐらい)
・塩コショウ  適量
・オリーブオイル 大さじ1

ブロッコリーライスリゾット

Step1:玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、イタリアンパセリはざく切り、ベーコンは1cm角ぐらいのサイズにそれぞれ切って用意します。パルメジャーノチーズはすりおろしましょう。

ブロッコリーライスリゾット

Step2:フライパンに、みじん切りにしたにんにくとオリーブオイルを入れ、弱火にかけます。焦がさないように注意しながら火を通し、にんにくの香りがオイルに移ったら、玉ねぎとベーコンをいれて軽く炒め、さらにお米を投入して炒めます。キレイな色に仕上げたいので、玉ねぎの色が茶色くなりすぎないようにするのがポイントです。

ブロッコリーライスリゾット

Step3:お米が透き通ってきたら、ブイヨンの1/3程を入れて、中強火で沸騰させます。この時、使うブイヨンを温めておくのもポイントです。

ブロッコリーライスリゾット

Step4:火を弱めてヘラでかき混ぜながら、水分がなくなってきたらブイヨンをさらに投入します。この工程を2〜3回に分けて繰り返し、お米に芯が少し残るくらいの硬さまで20分ほど煮込みます。

ブロッコリーライスリゾット

Step5:最後のブイヨンを投入する前に、ブロッコリーライスを投入し全体をよく混ぜます。水分がなくなってきたら生クリームとバターを投入します。

ブロッコリーライスリゾット

Step6:火を止めて、仕上げにたっぷりのパルメザンチーズを入れて全体を混ぜたら味見しましょう。必要により、塩をふって調整してください。

ブロッコリーライスリゾット

Step7:お皿によそってパセリを散らし、お好みでチーズとコショウをふったら完成です。楽天ファームの冷凍ブロッコリーライスを使うと、全体的にグリーンの色がでて彩りも豊かになります。

★料理のポイント
ご飯はイタリアのリゾット米があれば本格的ですが、なかなか手に入りづらいかと思いますので、今回は日本のお米を使いました。リゾットはお米を洗わないので無洗米がおすすめです。
ブイヨンの量は大体お米の量の2倍ぐらいが目安となります。芯が少し残る硬さ(アルデンテ)に仕上げるのが基本ですが、そこはお好みでブイヨンの量と煮込む時間を調整してください。

いかがでしたか?
このヘルシーチーズリゾットは、ブロッコリーがたくさん入るので味もあっさりしていそうですが、生クリームとパルメジャーノチーズが入りとっても濃厚ですよ。

ブロッコリーライスをアレンジするとしたら、色んな種類の野菜がたっぷり入ったスープの具材にぴったりですね。あとはチャーハンやピラフなど、ご飯と混ぜて油を使った料理にすると美味しいと思います。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :レシピ

ライター情報

  • Noumusubi
  • 高嶋純子

    料理家。昔から料理や食べることが大好き!デザイナーをしながら、海外ゲスト向けのキッチンスタジオ「JJ Kitchen in Tokyo」を運営。母親の家庭菜園(畑)の影響でベランダ菜園など、都会生活でも自然との繋がりを深める暮らしを実践。海外の人へ和食の伝統と発酵文化を伝えたい。

楽天ラグリ公式SNS

ライターKikaがほぼ毎日更新中!
followuson
ページ上部に戻る