管理栄養士はどう使う?みかん1箱が届いたときの保存方法や栄養素をご紹介!

管理栄養士はどう使う?みかん1箱が届いたときの保存方法や栄養素をご紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.01.10

大量のみかんが届いたらどうしますか?楽天ファーム契約農家の山本浩太郎さんからみかん1箱が届いたので、みかんにはどんな栄養素が含まれているのか、どう保存するのか、管理栄養士の若子みな美がご紹介します。

目次

みかん1箱ってどのくらい?

みかん1箱ってどのくらい?

山本農園の山本浩太郎さんからみかん1箱(5㎏)が届きました!箱のサイズは35cm×25cm×15cmと、女性でもすんなりと持てる大きさです。

箱を開けると山本さんからの素敵なメッセージがありました!
「減農薬なので、見た目が個性的かもしれないけど、おいしいですよ」というひと言は、生産者さんの思いが手に取るようにわかり、食べるのが楽しくなりますね。

5㎏用の箱にはみかんが何個入っているのか数えてみたところ、なんと70個も入っていました!サイズはほとんどS〜Mの中間サイズくらいですが、中にはLサイズのみかんもありました。最近では、味は良くてもサイズや見た目が規格に一致しないという理由で、捨てられる食品も増えているようなので、 こうやって少しサイズが異なるみかんも含めて届けてくださることに、みかんへの愛を感じます。

みかんにはどんな栄養素が含まれている?

みかんにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

<みかんSサイズ1個(可食部60g)あたりの栄養価※>
・エネルギー・・・28kcal
・たんぱく質・・・0.4mg
・脂質・・・0.1mg
・炭水化物・・・7.2g
・食物繊維・・・0.6g
・カリウム・・・90mg
・βカロテン・・・108μg
・葉酸・・・13mg
・ビタミンC・・・19mg

甘いみかんは高カロリーだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外にもカロリーが低いのが特徴です。1個食べても30kcalほどしかなく、これはクッキー1枚よりも低いのです。なぜ、お菓子と比べてみかんの方が低カロリーかと言うと、脂質がほとんど含まれていないからです。

また、β-カロテンやビタミンCが豊富に含まれていて、これらの栄養素には抗酸化作用があります。ストレスや偏食、紫外線などで体内に増えた活性酸素によって、体の中が錆びつかないよう、あらがうのが抗酸化物質です。健康な成人女性の1日に摂取するビタミンCの目安量は100mgですが、みかん1個で1日の1/5量のビタミンCが摂取できます。

※うんしゅうみかん じょうのう 普通 生で算出

1日1個みかんを食べよう

いままで食べていたお菓子をみかんにかえるだけで、カロリーを抑えつつビタミンCなどを摂取できるようになります。また、みかんジュースを作るのもおすすめです。

みかんをむいて、ミキサーにかければ即席フレッシュみかんジュースのできあがり!さっぱりとして飲みやすいだけでなく、朝食のおともに添えるだけでビタミンCなどを手軽に補給できます。

保存方法は?

みかんの箱は風通しの良い冷暗所に保管しましょう。冬場のリビングやキッチンは暖房を使っていて暖かく傷みやすいため、スペースがあれば冷蔵庫の保存も良いでしょう。

箱で届いたみかんは一度すべて箱から出して確認し、箱に入れ直しましょう。箱詰めされてからずっと同じ状態で箱の中にいることで、特定のみかんに圧力がかかり続けてしまうと、そのみかんが腐りやすくなってしまったり、そこから他のみかんが腐ってしまったりします。この作業は、買った直後だけでなく、定期的に行うと、みかんが日持ちしますのでおすすめです。

来週は、みかんを使った栄養満点レシピをご紹介します。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :レシピ

ライター情報

  • Noumusubi
  • 若子みな美

    管理栄養士・減塩料理家。病院や学校給食に従事した後、「食をより簡単に、そして世界を健康に」をモットーに独立。簡単レシピや減塩レシピの開発、コラムの執筆や監修、セミナーなど幅広く活動中。