目指せ体力UP!バランスボール×時短リッチなごちそう野菜:おうち時間ヘルシー宣言(AYU)

目指せ体力UP!バランスボール×時短リッチなごちそう野菜:おうち時間ヘルシー宣言(AYU)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.05

おうち時間を有効活用して健康生活にしませんか?バランスボールインストラクターAYUさんが「おうちでエクササイズ×オーガニック野菜」のプログラムを教えてくれました。産後ママや運動初心者にもおすすめです。

目次

バランスボールでおうちエクササイズ動画(18分24秒)

バランスボールインストラクターのAYUです。筋トレやストレッチだけでなく、バランスボールは有酸素運動にも使えることをご存知ですか?リモートワークやおうち時間が増えて、バランスボールを購入された方もいるのでは?
今回はバランスボールで意外と知られていないエクササイズをお伝えします。運動経験がない方にも取組みやすいメニューから、姿勢や呼吸について、他に椅子に座る時のポイントなどを説明していますので、日々の運動として取り入れてみてはいかがでしょう。
私は「体力をつけることで新しい自分に出会う」をテーマに教えています。バランスボールエクササイズは、おうちの中の少しのスペースで気軽に有酸素運動ができ、姿勢や自律神経の調整が目指せます。お子さまから高齢の方や、産後のお母さんまで、楽しみながら体力づくりをしてもらえるとうれしいです。

そのままが美味しい!胡麻サラダレシピ#01

あえてドレッシングは使わず、野菜本来の味を楽しみます。

◆材料(2人分)
80gサラダカップ1個(洋風)
・ミニトマト                5個
・オリーブオイル、岩塩           適量
・すり胡麻、クラッシュアーモンド      少々

◆手順(調理時間1分)
①サラダとミニトマトをお皿に盛りつける。
②すり胡麻とクラッシュアーモンドをまぶす。
③食べる直前にオリーブオイルとお好みで岩塩をかける。

■感想
野菜の新鮮さ(シャキシャキ感)と味にびっくりしました。また店頭ではあまり目にしないような珍しい野菜がオーガニックというのも驚きです!ボリュームもたっぷりで、この1カップのみで十分、満足感がありました。

「スパニッシュ風オムレツ」冷凍野菜レシピ#02

混ぜてオーブンに入れるだけで、野菜たっぷり、ふわふわのオムレツが完成!(子どもが混ぜるのを手伝ってくれました)


◆材料(2人分)
オーガニック冷凍ほうれん草(水気を取る) 1/2袋
・卵          2個
・生クリーム      大さじ2
・カラーピーマン(小)  1/2個 
・塩、胡椒       少々 
・粉チーズ       適量 

◆手順(調理時間20分)
①オーブンを180度に予熱しておく。
②カラーピーマンを一口大サイズに切る。
③全ての材料をよく混ぜる。
④耐熱容器にオリーブオイルを塗り、混ぜた材料をいれてオーブンで焼く。

■感想
とても簡単におしゃれなオムレツが完成。私はもちろん、子どももおいしい♪とパクパク食べてくれました。

「カリフラワーライスのクリームリゾット」冷凍野菜レシピ#03

カリフラワーライスのおいしさに驚き!お米が大好きな私も大満足。糖質を控えている方にもおすすめです。スキレットなどの鉄フライパンを使えば、調理してそのまま食卓へ出してもステキ。

◆材料(2人分)
オーガニック冷凍カリフラワーライス 1袋
・にんにく          1粒
・オリーブオイル       小さじ2
・クミンシード        ひとつまみ
・生クリーム         大さじ2
・ズッキーニ         6切
・無添加野菜出汁(1パック)※コンソメキューブ1個でも代用可
飾りに、レモンとベビーリーフ 適量

◆手順(調理時間15分)
①鉄のフライパンにオリーブオイルを入れて熱する。 
②十分に熱したら弱火にし、薄くスライスにしたにんにくを入れ、香りがついたら取り出す。
③取り出したオリーブオイルにクミンシードをいれる(焦がさないように気をつける)。
④ズッキーニを両面焼き、焦げ目がついたら取り出す。
⑤凍ったままのカリフラワーを投入し、軽く炒める。
⑥生クリームと野菜の出汁を入れて弱火で炒める。
⑦フライパンの中心部分までしっかり、沸々してきたら火をとめる。
⑧ズッキーニやレモンベビーリーフを添えて完成。

■感想
カリフラワーの食感がとてもよく、飽きずに食べられるし、噛むことによって満足感がより得られました。普通のリゾットよりも短時間でできて、カロリーや糖質も抑えられるなんて、うれしいですね!満足感は十分なのに、お腹にどっかりとこないのがいいなと思いました。

「ブロッコリーとチキンのカレー炒め」冷凍野菜レシピ#04

今回、唯一お肉を加えたレシピ。ブロッコリーの味の濃さ、冷凍なのにちゃんと食感もあり、おいしくいただきました。お弁当にもおすすめの一品です。

◆材料(2人分)
オーガニック冷凍ブロッコリー 1袋
・鶏肉            100g
・にんにく          少々
・カイエンペッパー、塩    各少々
・カレー粉          小さじ2
・オリーブオイル       少々

◆手順(調理時間5分)
①鶏肉を一口大サイズに切っておく(脂身は外す)。
②カレー粉小さじ1をまぶしておく。
③熱したフライパンに、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で炒める(ニンニクを焦がさないように)。にんにくの香りがしてきたら、鶏肉をいれ炒める。
④鶏肉に火が通ったらブロッコリーを入れ、カレー粉小さじ1と塩をかける。
⑤十分に火が通ったら火を止める。
⑥お皿に盛って、カイエンペッパーとオリーブオイルを回しかけて完成。

■感想
ブロッコリーの大きさもちょうどよく、そのまま使えて時間が短縮できるので便利ですね。味もしっかりしていて、程よい食感もありました。ブロッコリーは様々な調理方法があるのでとても使いやすいと思います。

「ほうれん草とりんごのデトックススムージー」冷凍野菜レシピ#05

忙しい朝でもすぐに作れて、とにかく簡単!抗酸化作用や、水分排出効果があるといわれるレーズンで、甘さをプラスして、鉄分や食物繊維、ビタミン、カリウムなどを、スムージーでヘルシーにチャージしています。

◆材料(2人分)
オーガニック冷凍ほうれん草 1/2袋
・りんご  2切
・レーズン 適量
・水    100cc

◆手順(調理時間3分)
①全ての材料をミキサーにいれて、攪拌する。

■感想
ほうれん草のえぐみを感じなかったので、子どもでも抵抗なく飲めました。今回は入れてませんがバナナをいれると、さらにほうれん草への子どもの苦手が減るなと感じました。ほうれん草をゆでて荒熱をとったりと、意外と面倒な調理も、あらかじめカットされていて、便利で手間がかからず大満足です。ほうれん草はお味噌汁や、卵焼きの具材、ソテー、スムージーなど様々なレシピの材料として使えるため、わがで家はいつもゆでて冷凍してストックしていましたが、これならその手間がはぶけますね!

今回教えてくれたのは?バランスボールインストラクター 本田鮎さん

[sn]アンバサダー。バランスボールインストラクター、一般社団法人体力メンテナンス協会講師、デトックスプランナー。産後の不調から体と心のケア体力の必要性を感じ、バランスボールインストラクターとして活動。「体力をつけることで新しい自分に出会う」をテーマに講座やレッスンなどを開催。またインストラクター養成講座も開講。

[WEBSITE] https://ameblo.jp/noflowernolove/
[FACEBOOK]  https://www.facebook.com/ayu.yano.3/
[INSTAGRAM]  https://www.instagram.com/ayu950/

◆[sn]とは
2012年に誕生したスイス発のスポーツ・カジュアルブランド。ヨーロッパを中心にグローバルに展開中。上質の天然繊維メリノウールとテクノロジー繊維の優れた特性を融合させたハイブリッドファブリックを開発。機能性・快適性を兼ね備えた「スポーツ」と「ファッション」のフィールドをクロスオーバーするブランド。

Official EC Store:http://sn-supernatural.shop-pro.jp/

◆今回ご紹介の国産オーガニック100%野菜はご購入いただけます

今こそ、おうち時間を有効活用して健康生活にしませんか?

アンバサダー9名の記事はこちら

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

ライター情報

  • Noumusubi
  • Kika

    農むすび編集部。兵庫県出身。祖母は愛媛のみかん農家。段ボール箱で毎年みかんが届き1日10個以上食べていた。趣味はARTと旅とワイン。金融から農業のメディア編集にチェンジ。農家ってカッコイイ!子供たちが憧れる職業となるよう、農家さんの人生に向き合い、心に響く記事作りを心掛けている。

楽天ラグリ公式SNS

ライターKikaがほぼ毎日更新中!
followuson