育苗作業が本格だあ~!どか雪降ってもへいっちゃら(平気)~北海道!農家ナッツの畑だよりVol.6

育苗作業が本格だあ~!どか雪降ってもへいっちゃら(平気)~北海道!農家ナッツの畑だよりVol.6
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.04.14

みなさんこんにちは!北海道のRagri契約農家佐野奈津子です。冬の休暇でなまった体にムチ打って、また野菜の美味しい時期になりました。気持ちはワクワク、体は…あ~コワイ(しんどい)笑

春を目前にまさかの大雪~!!

2日間降り続けて一気に140㎝くらい積もったかな? 暖かい3月の雪はベタベタと重~い。あ~こわい(しんどい)。ハウス脇はトラクターが雪をどかしてくれるけど、ハウスの 一番近いところは手作業なんですよね。合計で400mも!握力が死んじゃう(笑)

春が近いぞー!早くハウスの中を片付けなくちゃ!

一気にとうきび(トウモロコシ)の殻などを一掃して、なっちゃんは疲れたよ~っ!でもなんとか終了。後ろの鉄コンテナ2個半分、おわっだぁ(笑)仕事が続々始まる春は、鈍った体を呼び覚ますように筋肉痛も訪れる…。今年も始まります!

助けを呼ぶニャー!きなこ君

さぁ~ハウス周りの雪掻きも終盤!後ろからはきなこ君がハウスビニールの束をつたって歩いてくる。ぐしゃぐしゃになった泥の上は嫌だし、雪の上は冷たいしって、器用だねえ~!

ハウスが途切れると迎えに来いと私たちを呼ぶし、てっぺんまで登って降りられなくて助けを求めるし。ホント何しに来たの?(笑)

3月4日に植えたパプリカのタネがしっかりと発芽してくれました!

パプリカは発芽に温度が必要だし、時間もかかる。家の中で過保護栽培してます(笑)
3月中旬には家からハウスに移動して、下旬にはポット移植をします。畑への植え付けの前にもやることは沢山あるけど、より多くの苗が正常に育ちますように。一緒に頑張ろうね!

部品が全て揃う奇跡が!ただ今ハウスINハウス制作中

捨てられない病が役に立ちました (笑)そろそろ家の中に苗を置ききれないので、ハウスINハウスを制作中。昔のハウスの骨組みが残っていたので、 電気ノコギリで切りそろえて小さなハウスを作ります。私はドリルで地面に穴を開けて、ハンマーでその穴を広げる役を。他にできることもなかったんだけどイッチョマエ(一人前)に筋肉痛です。

なんとか完成!!ハウスINハウスなのでさらに暖かい~!

日中は30度を越してくれるけど、夜10度以下にならないようにすることが大事!電波で温度を知らせてくれるハイテク機械を設置して、明日には苗を移動します。最近は晴天の日が多くて、ぐんぐん春の訪れを実感してます♪ 写真はよろこびのポーズ(笑)

今日はおニューの長靴で、ハウス作業!

久々の軽トラちゃんと2ショット。ピンクって、つくづくテンション上げてくれる色だなぁ~。ラグリでも定番となるブロッコリーのタネを植えていきます!今年も「やさいセット」に入れられるように頑張りますので、みなさまぜひ、お立ち寄りくださいね。

やりたい放題のきなこ君。ホントわや(めちゃくちゃ)

今日はトマトなどの苗を移植だぁ~!もくもくと128穴セルポット1枚分のポット移植を終わらせ、ふと見るとキナコさん。きゃー!やめなさい!それは売り物の苗だから!と(笑)ハウス野菜には綺麗な湧き水を使っているので美味しかったのでしょうね。山に囲まれた津別町は水源がたくさんあります。これも自然の恵みです。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :農家さん

ライター情報

  • Noumusubi
  • 佐野奈津子

    北海道のラグリ契約農家。本当に美味しいものを食べ、四季を感じ、自己実現をしていく。視点を変えることで、全てを繋げてくれるのが農業だと思います。趣味は目・耳・舌・肌全体でこの地の恵みを感じること。生産者や生産環境、土・水・気候、みなさんの故郷を作ることを目標としています。