本日オープン『GATHERING TABLE PANTRY二子玉川』をご紹介!YUKIのオーガニック体験記Vol.2

本日オープン『GATHERING TABLE PANTRY二子玉川』をご紹介!YUKIのオーガニック体験記Vol.2
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.24

本日15時、GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリングテーブルパントリー)二子玉川がオープン!一足お先に楽天ファームのオーガニック野菜を使った料理を食べてきましたのでご紹介します。

オーガニック野菜が食べられるレストランが、二子玉川にオープン!

2019年12月24日(火)15時、東急田園都市線二子玉川駅から徒歩3分の二子玉川ライズ・バーズモール1階に、ロイヤルホスト等を展開するロイヤルホールディングス株式会社が手掛ける「GATHERING TABLE PANTRY二子玉川店」が新しくオープンします。

楽天ファームのオーガニック野菜を使用するということで、オープンに先駆けて、いくつかのお料理を試食させていただきました。

こちらは、「ビーツのローストとクリームチーズ」(¥580)です。この一皿は、楽天ファームのビーツを、じっくり時間をかけてオーブンでローストし、仕上げにチーズとハーブが添えられています。
私は、ビーツの土っぽい味が少し苦手なのですが、このビーツは全く土臭さがなく、とっても美味しくてびっくりしました!普段はあまり馴染みのない野菜ですが、ビーツの甘さを活かしたこの料理なら、小さなお子様でも食べられそうです。
しかもビーツは、鉄分たっぷりなスーパーフード!日々のエナジーチャージに、食べに来たい一皿です。

他にも、楽天ファームのオーガニック野菜を使ったメニューがあります。
・「オーガニック野菜とペコリーノチーズのサラダ」(¥580)
・「マンマの温野菜」(¥780)

※価格は税抜価格です

オーガニック野菜を使ったサラダにはグリーンリーフや紫からし菜を、季節野菜の煮込みにはフィノッキオとスティッキオという野菜が使われています。

フィノッキオとスティッキオという兄弟のような名前の野菜、みなさんはどんな野菜なのかご存知ですか?

↑こちらがフィノッキオ

↑こちらがスティッキオです。

違いがわかりますか?
スティッキオの方が、その名の通りスティック状の形をしていますね。

『フィノッキオ』はイタリアを代表する野菜の一つで、セロリに似た食感と香りが特徴です。ヨーロッパでは日常的に食べられている野菜で、フランスのスーパーでは必ずと言っていいほどよく目にする野菜です。日本では「ういきょう」と呼ばれたり、葉の部分をハーブ(フェンネル)として食べたりすることがあるので、なじみのある方も多いかもしれません。

『スティッキオ』は、イタリア野菜のフィノッキオを、食べやすいスティックタイプへと日本で改良した品種です。

オープン後に来店した際には、ワインと一緒に食べてみたいなと思っています♪

また、こちらのお店では、お持ち帰り用のフローズンミールの販売も充実しています。

ロイヤルのコックさんが素材や調理にこだわって、自社のセントラルキッチンで作られたレストラン品質に加え、ラインアップもとっても素敵で、ショートパスタやドリアなど、あまりほかでは見られない商品が手に入ります。
全部で25品も種類があるそうで、色々と試してみたいなと思っています。

オーガニック野菜が楽しめるGATHERING TABLE PANTRY二子玉川、みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね♪

■GATHERING TABLE PANTRY 二子玉川
所在地:東京都世田谷区玉川2-2-1 二子玉川ライズ バーズ・モールA103
TEL:03-6805-6038
営業時間:2020年1月上旬まで15時~23時、以降11時30分~23時(L.O.22時30分)
座席数:40席(うちカウンター6席)

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

ライター情報

  • Noumusubi
  • YUKI

    農むすび編集メンバー。宮城県と山形県のハーフ。両祖父母は農家。震災を機に農業を学び、「100年後の子供たちのことまで考えた農業」を意識するようになる。単身渡米し、レストラン「シェ・パニース」の野菜に感銘を受け、農家さんを訪ねた。趣味は世界の八百屋を見て回ること。元ベジタリアン。