農むすびロゴ誕生秘話!キャラクターアーティスト・タロアウトさんが手書きの原案を初公開!

農むすびロゴ誕生秘話!キャラクターアーティスト・タロアウトさんが手書きの原案を初公開!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.23

農むすびロゴの生みの親、キャラクターアーティストのタロアウトさん。しいたけ占いやDior、ポール・スミス、FENDI、スターバックス等に作品を提供する人気の秘密を、ロゴ制作の裏話と共に伺いました。

目次

手書きのロゴ原案を生解説

――農むすびのロゴは、おむすびと稲穂がモチーフになっていますが、どのように着想されたのですか?

最初の打合せで、基本的におむすびをイメージされていると聞いたので、まずはアイディアをメモに描きなぐっていきました。

実は最近、メモのノートを新しくて、その時のメモを忘れてしまいまして……
ちょっと思いだしてみると、農むすびの頭文字をとってNとMをモチーフにしてみたり、むすぶっていうところから筆記体とかいいのかなと考えたりしました。後日、全て送りますね。

後日いただいたメモノートとたくさんの原案

ノートの右側の下から2段目辺りに、両手でおむすびを上下から握っているようなイメージがあるの、わかりますか?NとMを崩していって、手でむすんでいる感じが出せないかなと、やってみました。

あと、おむすびに初めは海苔を巻いていたけど、梅干しの丸に変えたりました。海苔がないと、塩むすびというか、農作業の合間に土手で食べるような、手軽なおむすびになったと思います。

こんな感じで、いろいろと描いていって、最終的には5案くらいにまとまったのかな。そのうち提出したのがこちらの2案です。

農をメインにとるか、むすびをメインにとるかで2パターン。左のロゴ案①は現在のロゴの原型ですね。

右のロゴ案②は、農をモチーフに、麦わら帽子を被った農家さんをイメージしました。他社のロゴで『農』をモチーフにしたものもあったので、農むすびで考えると『むすび』っていう要素も重要だというのと、やはり『農』をどこまで崩せるかがカギでした。

――確かに麦わら帽子ふくめ『農』と読めますし、むすびのリボンも入っていて、とにかく格好いいと男性メンバーに人気でした。

いいですよね、このロゴ。

――はい、捨てがたかったです。そして選ばせてもらったロゴ案①の『おむすび』ですが、稲穂のモチーフは最初からあったのですか?

何かしらの野菜をモチーフにいれて、農につなげたいとは思っていました。 先ほど言った通り、最初はNとMでむすんでいる手から着想したのですけど、農むすびは日本語なのでNとMはイメージしにくいかなと思って、稲穂の形に変わっていきました。

――ロゴ案①をもとに、リクエストを出させてもらった前後比較がこちらですね。

そうですね。まずは稲穂が鍬(くわ)にも見えるという意見をもらって、それは農に関係するし、見る人の印象で変わってもいいかなと思ったのですが、稲穂のご依頼をいただいたので、もう少し柔らかい稲穂っぽい感じに直しました。

あとは文字にアレンジを入れました。実は『び』をリボンにするのは当初から考えていたのですが、『び』ではなくて『ぴ』に見えてしまうという懸念から、あまりアレンジしないほうがいいかなと思っていたんです。

でも『むの点を梅干しにして欲しい』と希望がきたので、1カ所を変えるなら、全体を変えたいと思って、最後のリボンも『び』に見えるギリギリをみつけました。
あとは『農』ですね。稲穂のモチーフを入れて、どこまで崩せるのか、ほどよいところを攻めました。

結果、和のテイストで、かわいく仕上がったので良かったです。

僕は農家さんを尊敬しているので、農むすびのロゴが、農家さんとみなさまをむすぶストーリーにつながるとうれしいですね。

契約農家さんの作物をイラストに

もともと関心があって契約栽培をやっていました。農家さんの顔も見られるし、作物の成長もわかるし、収穫して届くまでのストーリーもあるから、サービスとしても応援したいと思っています。

――タロアウトさんは2017年リリース当初から、契約農家さんから届いた野菜や果物を、絵に描いてご自身のInstagramなどで公開してくれていましたよね?

この絵は、絵日記代わりに描いていたんです。
ルッコラが届いた時は、みんなでルッコラパーティーをしました。自分でルッコラを育てた時は虫に食べられちゃったので、それを仕事として生産している農家さんは、本当に素晴らしいと思います。

華まどんなは最高に美味しかったですね!果肉がゼリーみたいで、あれは驚きました。果実もキラキラしていました。

キウイフルーツは、日本で栽培していることを知らなくて、楽天ファームで発見したときに感動しました。キウイ好きなんですよ。これも美味しかったです。

パクチーは夏場だと足が早いので、ホームパーティーをして、大量消費をしました。

次はどんな農家さんに何をお願いしようかなと、考えるのも楽しいですね。

スヌーピーとミッフィーを尊敬する理由

――最後にタロアウトさんが大事にしていることを教えてください。

僕はキャラクターを描いているのですけど、すごく偉そうで恐縮なのですが、初めにポートフォリオと一緒に、自分のキャラクター作りの考え方をお伝えしていたことがあります。

僕はやっぱりキャラクターは赤ちゃんだと思っていて、自分の愛とクライアントの愛と半分半分で、お互い育てる意味もあって、ちゃんと作れたらなと思っています。
だから、そういうことを最初に申し上げて、同意をとった方と一緒にやりたいんです。

――今回われわれは特に何も言われませんでしたが…

いや、以前の話です。でも想いは一緒で、もしキャラクターデザインであれば、そういうことはお伝えしたかもしれないです。

僕が尊敬するキャラクターは『スヌーピー』とか『ミッフィー』とかです。やっぱり彼らのように、みんなに愛されるキャラクターでありたいと思います。

あとは『誰も傷つけない』というのが、自分の中の大きなテーマとしてあります。100%は難しくても、それを大切にしたものづくりをしたいです。
そういう意味で、お花とか野菜とかは誰も傷つけません。だから花の絵はけっこう描いていて、去年は毎日1枚ずつドリルのように描いて、noteに掲載していました。中でもひまわりはよく描けました。どーんとでっかくかけたので、気持ちよかったです。

今後は、世界的なSDGsなどの取り組みの中で、キャラクターならではの伝え方ができたらいいなと思います。

最後に、僕は農業をしている農家さんを本当に尊敬していて、素晴らしいと思うし、格好いいと思っています。だからこれからも応援します。

編集後記

農むすびのロゴを作ることになった時、『タロアウトさんにお願いしたい!』と、もうそれしか頭にありませんでした。念願叶ってお会いした時、断る理由はありませんとおっしゃっていただき、それはもう、うれしかったです。さらに一流のアーティストの制作工程まで、取材させてくださって感動の連続でした。
タロアウトさんと話していると、まるでマイナスイオンに包まれたような、優しい気持ちになります。そんなタロアウトさんから誕生したこのロゴは、農むすびを訪れる方にも、愛情あふれるストーリーと、あたたかな幸せを運んでくれるはずです。(担当:Motty)

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

ライター情報

  • Noumusubi
  • Motty

    農むすび編集長。埼玉県深谷市出身。農家の孫。日テレAD時代、おしゃれカンケイを担当。農家さんの人となりをドラマティックに伝えたいと取材記事を書きはじめた。好きな農作物はメロン。農業は自然の恵みあってのもの。神社のお祭りで五穀豊穣を祈るのも、大切にしたいと思っている。