バレンタイン企画!僕が欲しいオーガニックチョコレートBest5を農むすび編集部で食べ比べ

バレンタイン企画!僕が欲しいオーガニックチョコレートBest5を農むすび編集部で食べ比べ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.02.03

今年は環境にも優しいバレンタインにしませんか?今回は農薬や化学肥料などに頼らず、環境負荷を軽減したオーガニックチョコレートをご紹介!僕が選んだBest5を農むすび編集部の男女10名で食べ比べしました。

目次

オーガニックチョコレートをすすめる理由

そもそも「オーガニックチョコレート」とは?
原料のカカオ豆からミルクやナッツに至るまで、すべての原料がオーガニックで作られたチョコレートのことです。

オーガニックで栽培されたカカオ豆やナッツは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないため、土壌汚染や水質汚染が少ないそうです。そして土壌が持つ自然の力を活用して、農作物の力を最大限に引き出されているのが特徴です。

この事実を知って、僕は今年のバレンタインは環境に優しく、かつ自然の恵みも味わえる、オーガニックチョコレートが欲しいと思いました。

そこで、実際にオーガニックスーパーへ行ってみると、オーガニックチョコレートが60種類以上もありました!その豊富さに驚き、たくさん買ってしまいました。

そして購入したオーガニックチョコレートを、農むすび編集部で試食することにしました!

農むすび編集部の男女10名の感想をもとにチョコレートチャートも作成しましたので、バレンタインにチョコレートを選ぶ際によかったら参考にしてくださいね!

本命で迷ったら:GUODIO オーガニックローチョコレート チャイ

試食の結果、本命度の第1位はGUODIO (グーディオ)オーガニックローチョコレート チャイでした!

高級感のあるパッケージとシナモンの甘い香りでバレンタインにぴったりなチョコレートです。

GUODIOのチョコレートの魅力は何といっても、Bean to Bar (ビーントューバー)製法です!

Bean to Bar製法とは、カカオの栽培(Bean)からチョコレートバー(Bar)の製造までの工程を自社で一貫して行うもので、商品の味によってカカオ豆の産地を選び、素材の良さを活かしたチョコレート作りができるのが特徴です。

◎試食した感想

・意外と苦くて、後味が香ばしい(30代 アナリスト 男性)
・ちょっと苦くて、スパイスが入っているような感じ(20代 大学生 男性)
・フルーティーで味の変化が楽しい(30代 バイヤー 女性)
・シナモンの味が好き、他にあまりない味なので良い(20代 営業 女性)

面白かったのが、男性と女性の味の感想が分かれたことです。男性は苦いと感じる人が多く、女性は甘いと答える傾向にありました。シナモンが入っているせいでしょうか?

◎このチョコをバレンタインで渡すときのおすすめメッセージ

「今度本場のチャイを飲みに旅行しようね!」「おしゃれなあなたにどうぞ」など

みんなに愛される味:Bovetti バナナチップス入りミルクチョコレート

人気ランキング総合1位は、Bovetti (ボベッティ)バナナチップス入りミルクチョコレートでした。濃厚なミルクチョコレートとバナナスライスのコンビの相性は最高です!

このチョコレートは、「フェアトレード※」で取引されたカカオが使われており、チョコレートを買うことがカカオ生産者を応援することに繋がります!

※フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。
(引用:フェアトレード ジャパン https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/course.php

◎試食した感想

・バナナがしっかりあって、ヘルシー!(30代 アナリスト 男性)
・ミルク感たっぷり(30代 マネージャー 男性)
・バナナチョコって感じはしないが食感がいい(40代 UXデザイナー 女性)
・甘いので、ブラックコーヒーに合いそう(30代 バイヤー 女性)

◎このチョコをバレンタインで渡すときのおすすめメッセージ

「甘いもの食べてリラックスしてね」
「フェアトレードと一緒にやさしい気持ちを贈ります」など

大人なあの人へ:Moulin Meckert ビターチョコレート コーヒー味

男性の中でダントツの1位は、Moulin Meckert (ムーランメッケルト)ビターチョコレート!コーヒーの風味とマッチしたクールな味わいが人気でした。

このチョコレートはカカオの含有量が74%と高いのが特徴です。

◎試食した感想

・一番好み!カカオとコーヒー風味がマッチしておいしい(30代 商品開発 男性)
・カカオをしっかりと感じられる、苦すぎなくていい(30代 FEエンジニア 男性)
・苦~い、ウイスキーに合いそう!(40代 ライター 女性)
・大人!ブラックの中でも苦め(40代 UXデザイナー 女性)
・苦い、苦すぎる(20代 大学生 男性)

男性陣からは、カカオがしっかりと感じられてクセがなく食べやすいと好評でした!ただ僕は、苦いのが苦手なのでみんな大人だなと思いました。逆に甘いものが苦手な人にはオーガニックビターチョコレートはおすすめです。

◎このチョコをバレンタインで渡すときのおすすめメッセージ

「コーヒーと一緒にひと休みしてくださいね」「渋みのあるあなたへ」など

義理なら一択:Sea and Beanコーニッシュソルト&ライム

10人中3人が1位に選んだSea and Bean (シーアンドビーン)コーニッシュソルト&ライム!
塩のしょっぱさに、クリーミーで甘いチョコレートとライムの香りが組み合わさった、少し珍しいチョコレートです。

◎試食した感想

・しお味の後にチョコ味が来るので、たくさん食べられそう(30代 FEエンジニア 男性)
・チョコの味以上にさわやかで、新鮮な味だった(30代 商品開発 男性)
・しょっぱい!甘いチョコだと思って食べたらびっくりするかも(30代 営業 女性)
・甘めだけど、フルーツの酸味ですっきり食べられる(30代 デザイナー 女性)

◎このチョコをバレンタインで渡すときのおすすめメッセージ

「さわやかなアナタに」「運動後のリフレッシュにどうぞ」など

グルテンフリーで渡す人を選ばない:PANA 有機ローチョコレート

僕が見た目のかわいさから3つも買ってしまったPANA (パナ)有機ローチョコレート!

PANA有機ローチョコレートは世界中のだれもが食べられるというコンセプトのもと、100%ヴィーガン(植物性)、グルテンフリー、乳製品不使用、大豆製品不使用、砂糖不使用、乳化剤・保存料無添加で作られており、みんなで一緒に安心して召し上がれるチョコレートです!
(引用:PANA ORGANIC http://pana-organic.jp/index.html

このチョコには20種類以上のいろいろな味があります。今回の試食会では僕の独断で、ミント、オレンジ、フィグ(イチジク)&ワイルドオレンジの3種類を選ばせていただきました!

◎試食した感想

・すっきりした上品な味わい(30代 アナリスト 男性)
・舌触りがモサモサするが、イチジクの甘さが良い(30代 商品開発 男性)
・意外とフルーツの味が濃いので一粒で足りる(30代 デザイナー 女性)
・イチジクが好き!ミントは香りが苦手(40代 ライター 女性)

その他にもラズベリー、ココナッツ&ゴジベリーやヘーゼルナッツなど多様なフレーバーがあるので、大切な人と食べてみたくなりました。

◎このチョコをバレンタインで渡すときのおすすめメッセージ

「やさしいあなたに、やさしいチョコをえらびました」「お子さんと一緒に安心して楽しんでください」など

僕が欲しいBest5

みなさまの欲しいオーガニックチョコレートはありましたか?

僕の中での1位はPANA有機ローチョコレート、2位はBovettiバナナチップス入りミルクチョコレート、3位はGUODIOオーガニックローチョコレート チャイ、4位はSea and Beanコーニッシュソルト&ライム、5位はMoulin Meckertビターチョコレート コーヒー味でした!

1位にPANA有機ローチョコレートを選んだ理由は、フィグ&ワイルドオレンジの果肉もしっかりと甘く、チョコレートの甘さに負けず1番おいしかったからです!

それではオーガニックチョコレートの見分け方をご紹介します。上の写真の赤枠で囲まれたオーガニック認証のマークが目印です。

写真左は「有機JASマーク」といって、日本でオーガニックと認められた証です。また世界各地に様々な組織が認証したオーガニックのマークがあり、写真右上の赤枠は「AB」 というフランスのオーガニック認定で、写真右下は「EUオーガニック認定」と呼ばれるものになります。

そして右上の緑枠は「フェアトレード認証ラベル」です。オーガニックチョコレートを選ぶ際に、合わせて確認してみてくださいね。

いかがでしたか?

今年のバレンタインは、環境に優しく、自然の恵みも味わえる「オーガニックチョコレートを贈ってみよう」という方が増えると、僕は嬉しいです。

編集後記

今回のチョコレートは、ビオセボン池尻店で買いました。店内には60種類を超えるオーガニックチョコレートが売られ、今回取り上げたチョコ以外にも魅力的な商品もまだまだありました! ビオセボンには、Rakuten Ragri(ラグリ)のオーガニック野菜も売られていますので、ぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。最後に、みなさんのバレンタインがオーガニックで幸せに包まれることを祈っています!

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

ライター情報

  • Noumusubi
  • takky

    農むすび編集部にインターンシップをしている大学生。両親の実家がどちらも農家で農業には昔から親しんできた。現在は、スペイン語話者向けの日本の魅力を発信するメディアを作るため奮闘中!Mottyから日々、ご指導を受けています。