チーマディラーパ

チーマディラーパ
栽培の難易度

チーマディラーパのレシピ

パスタやリゾットなど、イタリア料理との相性抜群

  • ちらし寿司
  • 春のロコモコ丼
  • 冷製パスタ

イタリア料理との相性が良く、パスタ、リゾット、ガーリックソテーがおすすめです。シチューなど煮込み料理に入れると、とろけるような食感を楽しめます。脂溶性ビタミンが豊富なので、油と一緒に調理すると、栄養を効果的に摂ることができます。

チーマディラーパの主な栄養素

ガン予防と肌の老化防止に

  • カリウム
  • カルシウム
  • β−カロテン
  • ビタミンE
  • ビタミンC

ストレスを緩和したり免疫力を高めるビタミンCが豊富です。また、β-カロテン(ビタミンA)とビタミンEのもつ抗酸化作用で、ガン予防に加え、肌の老化防止も期待できます。

チーマディラーパの保存方法

乾燥に注意して冷蔵庫で保存

湿らせた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。日持ちは2〜3日です。冷凍はさっと茹でてからすぐに冷まし、小分けにして密封袋で保存します。1か月程もちます。

チーマディラーパの基本情報

和名
セイヨウナバナ(西洋菜花)、チーマディラーパ
英名
cima di rapa
科名
アブラナ科
原産地
地中海
秋~冬
つきやすい虫
アオムシ