紅はるか

紅はるか
栽培の難易度

紅はるかの美味しい食べ方

ねっとり食感と上品な甘さ

  • サクサクふんわり天ぷら
  • スィートポテトタルト
  • ポテトサラダ

麦芽糖を多く含み、上品な甘さがあるのが特徴です。ねっとりとした食感が楽しめる品種なので、スイートポテトやタルトなどのお菓子作りにおススメです。長時間加熱すると甘さが引き出されより美味に。

紅はるかの主な栄養素

腸内環境を整える

  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • 食物繊維
  • ヤラピン

切ると出てくる白い液体はヤラピンという樹脂で、腸のぜん動運動を促進するはたらきがあります。食物繊維との相乗効果で腸内環境を整えるのに役立ちます。ビタミンCやB1、B6など、ビタミン類も豊富です。

紅はるかの保存方法

冷暗所で常温保存が基本

新聞紙で包むか、段ボール箱に入れて冷暗所で保存します。2週間が目安です。寒さに弱いので9℃以下の冷蔵庫は避けましょう。冷凍は、皮つきのままカットしたものを火に通し、急速冷凍します。1か月ほどもちます。ただ、冷凍は食感が大きく変わってしまうのでおすすめしません。

紅はるかの基本情報

和名
ベニハルカ(紅ハルカ)
英名
Sweet potato
科名
ヒルガオ科
原産地
中央アメリカ
1月~3月、9月~11月
つきやすい虫
オンブバッタ、ヨトウムシ、ナメクジ