紫みずな

紫みずな
栽培の難易度

紫みずなのレシピ

いろどり鮮やか!

  • ごまマヨ和え
  • ペンネサラダ
  • 浅漬け

普通の水菜に比べて若干青くささがあり、原種に近い味を楽しめます。サラダにはやわらかい葉の部分を使いましょう。茎はしっかりしているので、漬物にするか火を入れるのがおすすめです。

紫みずなの主な栄養素

紫色の成分が効く!疲れ目の予防や改善に

  • アントシアニン
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 鉄分

紫色の成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、疲れ目の予防や改善に役立つと言われています。またビタミンC、鉄分も豊富で、ビタミンCは鉄分の吸収を高める効果があり、貧血予防に役立ちます。

紫みずなの保存方法

乾燥に注意して冷蔵庫で保存

ぬらした新聞紙等で包んでビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。冷凍保存は、適当な長さにカットし水分を切り、口が閉まる容器に入れ、空気を抜いて保存します。2~3週間くらいもちます。

紫みずなの基本情報

和名
ムラサキミズナ(紫水菜)
英名
Potherb Mustard
科名
アブラナ科アブラナ属
原産地
日本(京都)
冬から早春
つきやすい虫
ダイコンハムシ、キスジノミハムシ、アブラムシ、ナメクジ