ご覧いただきありがとうございます Ragriのオーガニックサラダ このサラダ、ちょっとすごいので紹介させてください ご覧いただきありがとうございます Ragriのオーガニックサラダ このサラダ、ちょっとすごいので紹介させてください

まだまだ希少なオーガニック!
さらにカットサラダ!

日本では、オーガニックの認証(有機JAS)を受けた野菜は0.2%※しか出回っていません。
さらにその野菜をカットサラダにできるのは、ほぼありません。
Ragriのオーガニックサラダは、実はとっても貴重なサラダなのです。

※農林水産省が平成27年度に発表した面積基準の栽培割合

日本では、オーガニックの認証(有機JAS)を受けた野菜は0.2%※しか出回っていません

農地直結だから新鮮!

Ragriでは、野菜を栽培する畑と、サラダに加工する工場をすぐ近くに置いています。
とにかく鮮度を保ってお届けできるよう、特別なカット方法で、収穫から最短1日で出荷できるよう頑張っています。

農地直結だから新鮮!

取得している認証情報

JAS有機認証

JAS有機認証制度とは?

JAS法に基づき、「有機JAS規格」に適合した生産が行われていることを第三者機関が検査し、認証された事業者に「有機JASマーク」の使用を認める制度です。
農産物および農産物加工食品は、有機JASマークが付されたものでなければ「有機○○」「オーガニック○○」と表示できません。
(農水省)

グローバルG.A.P(ギャップ)

グローバルG.A.P(ギャップ)とは?

G.A.P.(Good Agricultural Practice)は、農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取組みであり、結果として安全で品質の良い食用及び非食用の農産物をもたらすものです。(国連食料農業機関(FAO)より)
GLOBAL G.A.P(グローバルギャップ)認証とは、それを証明する国際基準の仕組みを言います。
世界120か国以上に普及し、事実上の国際標準となっており、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続可能な生産活動」を実践する優良企業に与えられる世界共通ブランドです。(GAP普及推進機構/GLOBALG.A.P.協議会より)

そのサラダ、だれが作ったの?
どう育ったの?

Ragriの野菜は、すべてRagriの契約農家さんが作っています。
農家さんたちは、野菜を栽培しながら、成長過程を写真に残しています。

野菜の成長過程

丹精こめて育てている農家さんたち。代表して3名をご紹介します。
写真をクリックすると、農家さんにコメントも書き込めるページにいきます。

片神 芳広 さん
テレファーム(愛媛県)

野菜達はちゃんと愛情を持ってお世話をすると元気な姿で応えてくれます。毎日楽しく野菜達と過ごしています!

兵頭 芳樹 さん
テレファーム(愛媛県)

精一杯作物を観察し、学び、美味しいと言っていただけるものを作り、食べていただいた人を幸せにしていきたいです。

上甲 幸乃 さん
テレファーム(愛媛県)

より体とココロにいいものを、やさしいものを、大切な人たちに、多くの方々にお届けし、味わっていただけるよう頑張ります!

生産者からのメッセージ

はじめまして!テレファームの兵頭・片神・上甲です。
愛媛県の農地で有機野菜を栽培しています。

テレファームのメンバー一丸となって、
皆様に安心・安全で、鮮度のよい、お野菜を育て、
おいしいオーガニック野菜サラダをお届けします。

みなさんが笑顔で召し上がっていただけることを、心より楽しみにしています!

野菜の成長過程

このオーガニックサラダに入っている代表的な野菜です。
どう育ったのか?一部をご紹介します。

グリーンリーフ

にんじん

ビーツ

写真をクリックすると、野菜の詳しい情報もみることができます。

Ragriのオーガニックサラダは、季節によって野菜の種類が変わりますので、
何の野菜が入っているか楽しんでいただけると幸いです。

栽培している農地情報

八多喜農地(愛媛県大洲市)

八多喜農地(愛媛県大洲市)

有機栽培・無農薬栽培を実現するために、山間地をあえて選び、耕作放棄された農地を開墾再生させた農場です。
標高が高いことで夏涼しく、夏作は平地に比べ、比較的作りやすい農地です。
また、一日の気温差が大きく、甘い野菜が育ちます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
いま食べている野菜は、誰が育てて、どんな過程を経て自分のところに届くのか。
Ragriのオーガニックサラダを通して、少しでも考えてみるきっかけになるとうれしいです。

今後ともRagriをよろしくお願いします。