ライター:Mottyの記事一覧

Motty
農むすび編集長。埼玉県深谷市出身。農家の孫。日テレAD時代、おしゃれカンケイを担当。農家さんの人となりをドラマティックに伝えたいと取材記事を書きはじめた。好きな農作物はメロン。農業は自然の恵みあってのもの。神社のお祭りで五穀豊穣を祈るのも、大切にしたいと思っている。
2019.12.04
5分で簡単!オーガニックサラダごはんキットが登場:新商品
100%オーガニック定期便に、ヘルシーなミールキットができました!お好きなサラダと一緒にオーガニックのごはん2個、豆類2種、ドレッシング4種をキットにしてお届けします。
2019.10.03
元プロボクサーが農家になるまでの劇的人生とWワークのすすめ
元プロボクサーから飛び込みで農家になっていったPENTA FARMの大亀 剛志(おおかめ たけし)さん。その劇的人生とWワークを送る経緯、農業を職にしていく楽しさを伺ってきました。
2019.09.26
揚げイチジクのパフェとは?娘のために安心な果物をつくるリピーターNo.1農家さん
日本有数の美味しい水を誇る愛媛県西条市でイチジクレモンを育てるPENTA FARMの大亀 剛志(おおかめ たけし)さん。契約栽培リピート率No.1(2018年~2019年8月)の秘密を探ってきました。
2018.10.23
オーガニックとは?
楽天ファームで人気の「100%オーガニック定期便サラダ」ですが、オーガニック野菜は「無農薬?」「有機野菜と違うの?」「なぜ高いの?」など、お客さまからいただく「オーガニック」の疑問を取り上げました。
2018.08.10
農業しよう!妻の一言で移住して黄金メロン「黄美香(きみか)」を栽培
黄美香(きみか)メロンをご夫婦で栽培する、福井県あわら市 Fruits Park Okayuの岡田夫妻。宿泊業から農家に転身し、全く知らない土地で、フルーツを育て、地域の活性化を真剣に考える。その取り組みを伺いました。
2018.06.28
1房3万円?! 小学生から研究を続けた「夢のぶどう」がついに完成
日本に2人しかいない?!と噂の、有機JAS(オーガニック)認証のぶどう農家、山口県 亀の甲農園の三隅 忠典(みすみ ただのり)さん、65歳。農薬不使用では出来ないと言われてきた果樹の栽培に、果敢に挑み続けたその人生を伺ってきました。
2018.06.21
クセがスゴい!1房1房の糖度にこだわる次世代ぶどう農家男子
フルーツ王国・岡山県で、シャインマスカットとピオーネを育てるぶどう農家、ゆうや農園の西崎祐也(にしざきゆうや)さん。お客さまが「今まで食べた中でダントツ1番美味しかったです!」という秘密を伺いました。
2018.01.18
日本有数のみかん農家、八幡浜のツートップに聞く「うまいみかん」
人気のみかん農家といえば、日本有数のみかん産地と名高い愛媛県八幡浜市の【左】コウ果樹園の二宮 江(にのみやこう)さんと、【右】三代目みかん職人の菊池真太(きくちしんた)さん。美味しいと評判で1日2,000箱も売れ、週間ランキング1位も獲得しました。
そんなみかん農家2トップが仲良しだということで、みかんのプロに「うまいみかん」について聞いてみました。
2017.12.14
人気No.1農家!食べると幸せになる野菜を作ります
愛媛県大洲市の畑を訪ねると、ひときわ楽しそうに野菜を育てる女性がいます。食べると幸せになる野菜を育てる、楽天農業株式会社の祖母井 美香(うばがい みか)さんです。
農家さんの中で、いいね!数、コメント数でトップを走る人気ぶり。その秘密を探ってみました。
2017.12.14
楽天ファーム誕生秘話。どうしてこんなバカなことを始めたのか?
2007年、愛媛県松山市で「日本を救え!農業で救え!」と一人の男が立ち上がった。楽天農業(株)代表取締役社長で楽天ファームの生みの親、遠藤忍(えんどうしのぶ)である。今回はその誕生秘話をお伝えしたい。
2017.11.29
退職金をつぎ込んで50歳からの挑戦!最新鋭のトマト農家で勝負だ
千葉県の八街市にやたらと熱いトマトおじさんを発見!バブル漂うバンダナに、知的なトークがとまらない大倉農園の大倉 淳伸(おおくら あつのぶ)さん。最新鋭のトマト栽培と熱い想いを伺いました。
2017.11.09
スター農家誕生?!イケメンすぎる農業男子
三度の飯よりイケメンが好き。そんな私が出会ってしまった片神芳広(かたがみよしひろ)さん。愛媛県の楽天農業で働く身長181㎝のさわやかイケメン農家です。野菜を愛でる筋肉に心躍らせながら話を聞きました。