わたくし達、馬鈴薯と申します。そろそろ、出番です。Farm to Table Vol.7

わたくし達、馬鈴薯と申します。そろそろ、出番です。Farm to Table Vol.7
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天農業のオーガニック野菜は、農場を感じる季節のお便り「Farm to Table」を添えてお届けしています。地球にもあなたにもやさしい野菜を。今回は2021年3月1日号の一部をご紹介します。

目次

畑だより

楽天農業

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。二十四節気の歴の上では3月5日は啓蟄(けいちつ)で、寒さが緩んで春の陽気になってきて、土の中から虫たちが動き出す季節のことを指します。農地の方もお天気が安定する時期なので、早々と夏の畑の準備などをしていきます。農地の場所もいろいろな所に散らばっていて、どこに何を植えるのかを決める時には、農地の個性をそれぞれ考えながら作物を選びます。

楽天農業

農地の個性とは?例えば、1番の農地は水はけが悪く水が溜まりやすいので、畝(うね)※1の高さを高くして水が好きな作物を作る、とか。2番の農地はお昼過ぎには日陰になりがちなので、日陰を好む作物を作る、とか。作物それぞれにも個性があるのですが、農地にも得意・不得意があり、その特徴を引き出して作物が元気に成長してくれる環境を整えてあげるのが、私達の役割になります。

しかし、全部の農地の良い所を生かせる時ばかりではないので、その限られた環境の中作物を作ると、病気になったり害虫が大発生したりして、やっぱりね・・・という結果になります。特に初めてお借りする農地は、以前どんな環境だったかという事がわからないので、聞いている情報から想像して農地を整えます。

そうして何年か農地と付き合っていくうちに、だんだんと農地のも分かるようになってきます。人付き合いと同じですね。個性を引き出して生き生きとした農地になるのか、無理やり環境を変えて相性の悪い作物を作るのか、言うまでもありません。長い付き合いになるように農地と向き合い、安定して野菜の栽培もできるようにと奮闘する毎日です。

※1:畑で野菜を栽培する際に、土を盛り上げた状態の場所。

ピックアップ野菜「じゃがいも」

サツマイモ

年中手に入りやすいじゃがいもですが、暖かい地域では年に2回ほど収穫があります。
春に植えて初夏に収穫する春じゃがいもと、夏の終わりに植えて本格的な冬が来る前に収穫する秋じゃがいもです。今出荷しているのは秋じゃがいもで、まもなく春じゃがいもの植え付けが始まります。それぞれの季節で美味しさも変わるので、いろいろな調理法を試してみてくださいね。

季節の野菜レシピ

いが栗ポテトチーズボール

今回のレシピは「いが栗ポテトチーズボール」です。
素麺を茹でずに、チーズinポテトボールに貼り付けカリッと揚げた、いが栗ポテトチーズボール。お弁当にも喜ばれます。

詳しい作り方はこちら(楽天レシピ)でご覧ください。

さて、次回は美人な野菜♡についてお届けしたいと思います。お楽しみに!


★最新号は商品をご購入の方のみお読みいただけます。商品は以下のボタンよりご覧ください。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 農作物は、季節や天候などにより状況が変わります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY :農家さん

ライター情報

  • Noumusubi
  • Farm to Table編集部

    楽天農業株式会社で発行を担当する「Farm to Table」の制作チーム。楽天ファームの自社農場より、日々の畑仕事や農場メンバーの熱い想いをダイレクトにお伝えしている。月2回発行のフライヤーは商品と一緒にお客様へ直接お届け。最新号はご自宅に届くオーガニック野菜とお楽しみください!

楽天ラグリ公式SNS

ライターKikaがほぼ毎日更新中!
followuson