農業で独立するための足がかり

農家という起業家をそだてる

インキュベーション
ファーム

農業をしたい志はあるが、
農地を借りられない…
資金がなくて農業を始められない…

そんな「カネなし、コネなし、経験なし」でも、農業をしたい!という熱い思いをお持ちの方を、農地取得から販路のサポートまで行い、就農までしっかり支援します!

↓

「インキュベーションファーム」

起業家向けのインキュベーションオフィスを着想として、新規就農に関わる様々な問題を解決し「農家という起業家」を輩出するために新規就農者を育てる農場が「インキュベーションファーム」です。
テレファームのインキュベーションファームは、新規就農者を「起業家」として育成する実践的農場として機能します。

新規就農者をとりまく不安要素の解決

夢、志はあるけれど…全力で支援します!

新規就農のハードル

1. 農地が借りられない
2. 農業機械の購入等で
多額の初期投資が必要
3. 販路がない
4. 技術、知識、
経験の不足
  • 農地が借りられない
  • 農業機械の購入等で多額の初期投資が必要
  • 販路がない
  • 技術、知識、経験の不足

インキュベーションファームでの支援

新規就農の第1のハードルは農地が借りられないことです。

なかなか農地を借りられない新規就農者でも、インキュベーションファームを利用することでスムーズに農地を確保して独立就農することができます。

新規就農の第2のハードルはトラクターなどの農機購入等で多額の初期投資が必要なこところです。

インキュベーションファームでは、農業機械だけでなく、冷蔵庫、倉庫、梱包機器などを設備関係を共同利用することができます。初期投資の必要がなく、資金がなくても、やる気さえあれば、就農することができます。

新規就農の第3のハードルは販路がないことです。

インキュベーションファームではRagri コネクト、Ragriに登録することで、月額の安定収入を得ることができます。また、楽天、テレファームでの販路確保の支援を受けられます。

新規就農の第4のハードルは技術、知識、経験の不足です。

テレファームでは農業技術や経営指導を行うインキュベーションマネージャーを揃えており、農業、経営に関する相談をすることができます。