サラダごぼう

サラダごぼう
栽培の難易度

サラダごぼうのレシピ

やわらかくて香りよし!さっと茹でてサラダに

  • 甘酢ご飯
  • キンピラサラダ
  • 豚肉のソテー

一般的なごぼうより繊維がやわらかく、中が色白で香りがよく、アクが少ないのが特徴です。さっと茹でてサラダやナムルなどの和え物に。味が染みやすいのできんぴらや炒め物にしてもおいしくいただけます。かき揚げにすると歯ざわりが楽しめます。

サラダごぼうの主な栄養素

皮ごと食べてお通じと老化防止に

  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • カリウム
  • クロロゲン酸
  • タンニン

食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内の発がん物質の排泄を促す効果が期待できます。クロロゲン酸は抗酸化作用があり老化防止に役立ちます。皮の下の部分に多く含まれているため、皮ごと食べることがオススメです。

サラダごぼうの保存方法

冷暗所に立てて保存

泥付きごぼうは新聞紙で包んで、冷暗所に立てて保存しましょう。1週間が目安です。洗ったぼうはラップで包んで、冷蔵庫の野菜室に保存して、2~3日で使い切りましょう。切ったごぼうは下ゆでし、水をしっかり切ってチャック付ポリ袋で冷凍します。1か月ほどもちます。

サラダごぼうの基本情報

和名
ゴボウ
英名
Edible burdock, Greater burdock, Beggar's buttons
科名
キク科
原産地
ユーラシア大陸北部
4月~6月
つきやすい虫
アブラムシ、センチュウ