熊本の伝統野菜 つるのこ芋(熊本県 じろう畑とまさみの食卓)

  • 除草剤不使用
こだわり
熊本県の伝統野菜です。阿蘇の高森町の上色見地区だけで生産されており、地元では高森田楽の食材として地元だけで流通しています。火山灰土の痩せた土地の厳しい環境で育てているのでサイズも収穫量も一般の里芋と比べ少ないです。形が”つるの頭”に似ているので、つるのこ芋と言われています。この独特の形にするため昔ながらの特別な育て方をしています。食味は、肉質が緻密で硬めで、独特の味わいがあります。一度作った畑には5年間間を空けないと作付できません。

栽培時期・利用料

農家
山口 次郎 (熊本県 じろう畑とまさみの食卓)
プロフィールをみる
栽培開始可能月
4月 , 5月 , 6月 , 7月 , 8月 , 9月
今月の栽培開始可能日
1日~30日
栽培に必要な期間
約90日
収穫量
2kgお届けします。

収穫量とは

収穫までにかかる料金
支払回数: 3回
初回
1,117円×1回
(タネ・ナエ料+栽培料)
2回目以降
684円×2回
(栽培料)
  • ※栽培料は30日ごとに発生します。

合計 2,485円(送料込)

  • ※栽培期間分(90日)の料金になります。
  • ※料金は税込価格になります。
  • ※初回支払金額は、タネ・ナエ料と栽培料(30日分)となります。残りの栽培料は、支払方法や契約日により支払日が確定します。詳細は、よくある質問の支払方法についてをご確認ください。
  • ※栽培期間を超えた場合は栽培料の追加料金は発生しません。詳細は、よくある質問の利用料金の支払についてをご確認ください。