ブロッコリー

ブロッコリー
栽培の難易度

ブロッコリーのレシピ

茎まで美味しく!

  • セセリの炒め
  • 野菜のマリネ
  • 丸ごとサラダ

房も茎も甘みがあり、おいしく食べられます。付け根で切って、茎だけ先に入れ、次に房をかたまりのまま塩茹ですることで、均一に火が通り、身崩れもしません。冷水にさらさずそのまま冷ますことで、旨味とビタミンの流出を防ぎます。

ブロッコリーの主な栄養素

ビタミンの宝庫 

  • β-カロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • 葉酸

疲労回復、かぜ予防、ガン予防に効果が期待できる、β-カロテンとビタミンCがキャベツの4倍と豊富です。抗酸化作用も強いのでアンチエイジングにもおすすめです。脂溶性なので油脂と一緒に摂ることで吸収率が高まります。

ブロッコリーの保存方法

つぼみが開く前に茹でて冷凍!

ラップにくるんで、冷蔵庫の野菜室に立てて保存すると2~3日もちます。小房に分けて下茹でしたものは、しっかり水を切って冷蔵保存で1~3日、冷凍保存で1か月ほどもちます。

ブロッコリーの基本情報

和名
メハナヤサイ(目花野菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜)
英名
Broccoli
科名
アブラナ科
原産地
地中海沿岸
6月~10月(北海道) 11月~3月(愛知県、埼玉県)
つきやすい虫
ヨトウムシ、コナガ、アオムシ