高森町の地大豆 みさを大豆(熊本県 じろう畑とまさみの食卓)

  • 自然栽培
  • 除草剤不使用
こだわり
みさを大豆は、大正10年に阿蘇高森地区で井上ミサヲ氏により発見された小粒な大豆です。昭和29年には正式に「みさを大豆」と名付けられました。
特徴は、小粒でビタミンEが普通の大豆の1.5倍多く、大豆サポニン、大豆イソフラボンの値が高く、大豆臭いが少なく栗のような甘みが有ります。

じろう畑では、10年以上種採りを続けている大豆です。
味噌や納豆の材料として、とても人気が有ります。

栽培時期・利用料

農家
山口 次郎 (熊本県 じろう畑とまさみの食卓)
プロフィールをみる
栽培開始可能月
7月 , 8月
今月の栽培開始可能日
1日~31日
栽培に必要な期間
約150日
収穫量
みさを大豆(500g)ときな粉(200g)をお届けします。

収穫量とは

収穫までにかかる料金
支払回数: 5回
初回
705円×1回
(タネ・ナエ料+栽培料)
2回目以降
354円×4回
(栽培料)
  • ※栽培料は30日ごとに発生します。

合計 2,121円(送料込)

  • ※栽培期間分(150日)の料金になります。
  • ※料金は税込価格になります。
  • ※初回支払金額は、タネ・ナエ料と栽培料(30日分)となります。残りの栽培料は、支払方法や契約日により支払日が確定します。詳細は、よくある質問の支払方法についてをご確認ください。
  • ※栽培期間を超えた場合は栽培料の追加料金は発生しません。詳細は、よくある質問の利用料金の支払についてをご確認ください。