黄色いニンジン

黄色いニンジン
栽培の難易度

黄色いニンジンのレシピ

生のまま甘みを楽しむ

  • 甘酸漬け
  • グラッセ
  • 2色サラダ

甘みが強く、肉質がやわからい黄色いニンジンです。一般的なニンジンより香りが少ないので、生のままサラダで食べたり、ジュースにしてもおいしくいただけます。加熱すると、ほっくりした柔らかい触感が甘みを引き出します。

黄色いニンジンの主な栄養素

免疫力アップやアンチエイジングに

  • ビタミンA
  • β-カロテン
  • カリウム
  • 食物繊維
  • ビタミンC

豊富に含まれるβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAに変換され皮膚や粘膜を丈夫にするので、免疫力アップが期待できます。また、抗酸化作用も強いのでアンチエイジングにもおすすめです。脂溶性なので油脂と一緒に摂ることで吸収率が高まります。

黄色いニンジンの保存方法

乾燥や湿気、高温に注意

葉付きのものはすぐに葉をカットします。冬は新聞紙などに包んで冷暗所で、春~秋はポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。2~3週間もちます。冷凍保存の場合は、カットしてから固めにゆでて水分を絞り、ラップに包めば1か月くらいもちます。

黄色いニンジンの基本情報

和名
黄ニンジン(人参)
英名
Yellow Carrot
科名
セリ科ニンジン属
原産地
アフガニスタン
秋から冬
つきやすい虫
アブラムシ