サラダ紅かぶ

サラダ紅かぶ
栽培の難易度

サラダ紅かぶのレシピ

サラダが映える!鮮やかな赤いかぶ

  • 酢漬け
  • 赤かぶと水菜の和風カルパッチョ
  • 赤かぶのポタージュ

甘みがあり果肉がち密で歯切れがよいので、サラダ、漬物、マリネなどがおすすめです。酢に漬けると赤色がより鮮やかになります。スライスやくし切りにして、みずみずしさと食感を楽しみましょう。きれいな赤色は火を通すと活かせないため、加熱調理にはむきません。

サラダ紅かぶの主な栄養素

抗酸化パワーの赤色

  • カリウム
  • カルシウム
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • 食物繊維

葉は鉄、β−カロテン、カルシウム、ビタミンCなど栄養満点。根もビタミンCや葉酸を含みます。赤色色素はアントシアニンというポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。

サラダ紅かぶの保存方法

葉と根の部分は別々に保存

葉と根は切って別々にします。根はポリ袋に入れて4~5日冷蔵保存できます。葉は新聞紙で包みポリ袋に入れて冷蔵庫で2日くらいもちます。葉は冷凍で1か月くらい、ゆでて水分を絞りカットして保存できます。根の冷凍保存は食感が悪くなるのでおすすめしません。

サラダ紅かぶの基本情報

和名
アカカブ(赤蕪)
英名
Turnip
科名
アブラナ科アブラナ属
原産地
中央アジア、ヨーロッパ西南部
3~5月の春、10~11月の秋
つきやすい虫
ダイコンハムシ、キスジノミハムシ、アブラムシ、ナメクジ