ターサイ

ターサイ
栽培の難易度

ターサイのレシピ

クセがなく下茹で不要な青菜

  • 青菜炒め
  • ナンプラー炒め
  • 豆腐とターサイのうま煮

下茹での必要がなく、味にクセもないので使いやすい食材です。加熱すると甘味が増すので、炒め物や煮物など火を通して食べるのがオススメです。スープに入れてさっと煮てもおいしくいただけます。

ターサイの主な栄養素

抗酸化作用で生活習慣病予防を。

  • カロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • カルシウム

豊富なβ-カロテンは老化防止や生活習慣病予防に役立ちます。体内でビタミンAに変わり、粘膜や肌を正常に保つ効果も期待できます。また疲労回復効果もあるビタミンB1も含みます。

ターサイの保存方法

乾燥に気をつけて野菜室で保存

乾燥に弱いので新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。食感が損なわれるので冷凍保存には向きません。長期保存したい場合は塩漬けにしましょう。

ターサイの基本情報

和名
ターサイ(搨菜)、ターツァイ、キサラギナ(如月菜)
英名
Tatsoi
科名
アブラナ科
原産地
中国
12月~2月
つきやすい虫
アブラムシ、コナガ